脇の黒ずみは美容皮膚科で治る?

脇 黒ずみ

脇の黒ずみを解消したいけれど、どんな方法を試したらいいのか考えた時に、誰もが一度は想像するのがプロにお願いするという方法です。ここでは皮膚科の選び方。美容皮膚科で行う治療を詳しくご紹介していきます^^

 

美容皮膚科?それとも皮膚科?病院を選ぶ方法

脇の黒ずみは言い方を変えれば皮膚の炎症です。

 

皮膚のことは「皮膚科」ですよね。
皮膚科には「皮膚科」と「美容皮膚科」が存在します。
どちらに行ったらいいかという点で悩みそうですが、おおまかに脇の黒ずみの症状によって分かれると考えてください。

 

脇の黒ずみと言ってもその人によって原因も症状も異なってきますよね。まずは脇の黒ずみの症状がどの程度に当たるのかによって皮膚科か、美容皮膚科か選びます。

 

皮膚科に行く場合

パッと見た感じは分かりにくい、「全体的にうっすら黒ずんでいる」程度なら軽度になります。この場合はセルフケアを行ったり、「皮膚科」に行くことで脇の黒ずみの解消が見込めます。

 

≪Pick up!! ≫
セルフケアなら、わきの黒ずみ解消クリームがおすすめです^^
わきの黒ずみ解消クリーム>

 

皮膚科では塗り薬や飲み薬で改善させていく方法がとられます。美容皮膚科でも同じ治療が受けられますが、この治療法であれば一般的な皮膚科での診療の方が圧倒的に費用を抑えられます。

 

まず外用薬として「ハイドロキノン」や「トレチノイン」を配合した塗り薬を処方されます。これらは美白化粧品にも使われているような、肌を白くする効果のある成分です。

 

ハイドロキノンは黒ずみの元であるメラニンの生成を抑制するだけではなく、すでにできてしまった黒ずみを薄くしていく効果もあります。トレチノインには古くなった角質をはがして肌の生まれ変わりを助ける働きがあります。軽度の脇の黒ずみなら早めにこういった治療を始めれば改善していくはずです。

 

費用は?

費用は1500円〜3000円程度で済みます。
また、黒ずみ改善のために、美白効果のあるトラネキサム酸やビタミンCが内服薬として処方されることもあります。トラネキサム酸とビタミンCを摂取することで、体の内側から黒ずみのもとであるメラニン色素の生成を抑えていきます。

 

こちらの費用は3000円〜となっています。
併用して使用するのが良い成分なので、すべてまとめるとちょっと金額が上がるイメージです。

 

これらの塗り薬や飲み薬を3ヶ月〜半年程度続けることで、少しずつ脇の黒ずみが解消されていきます。

 

 

美容皮膚科に行く場合

黒ずみと炎症による赤みが混在している中度や、色味は真っ黒で肌がカサブタのように硬くなっている重度といった見た目にも治すのが難しそうな黒ずみの場合は「美容皮膚科」がおすすめです。

 

美容皮膚科には一般的な皮膚科と比べて、黒ずみに対する治療方法が豊富に用意されています。そのいくつかを紹介しましょう。

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングでは、酸性の薬剤を用いて余分な角質を取り去ります。そして、肌のターンオーバーのサイクルを整えてることで黒ずみを除去していきます。

 

繰り返し施術を受けることによって、とどまっていたメラニンを少しずつ体外へ排出させていくことができます。強い薬剤を使いますが、使用者の肌質に合わせて担当の意志が調整するので安心です。

 

費用の目安は1回につき5000円〜10000円程度です。
ケミカルピーリングは5回〜6回の施術を受けると効果を実感できるといわれています。

 

イオン導入

顔などの肌にも手軽にできるようになってきているイオン導入は脇の黒ずみにも有効です。

 

イオン導入とは、肌に塗っただけではなかなか浸透しない美容成分・美白成分を微弱な電流を流すことで肌の奥の、より深層部分にまで浸透させていく方法のことです。

 

脇の黒ずみにもビタミンCなどの成分が有効ですが、肌の奥まで届かなければ意味がありません。イオン導入することでより肌の深い部分に美容成分を浸透させることができるんですね。

 

費用の目安は浸透させる成分の種類にもよりますが、平均で5000円程度です。黒ずみの度合いによって変わりますが5回ほど受けると目に見えて変化が現れます。

 

レーザー治療方法

シミやほくろの除去でもよく耳にするレーザー治療は脇の黒ずみに解消にも活用しています。肌にダメージを与えることなく、レーザーを照射してメラニン色素を破壊し、体外への排出を促す治療法です。

 

レーザー治療の魅力は短期間で効果を実感できることです。しかし、妊娠中の方、てんかん発作がある方、傷のある方など条件によってはレーザー治療を受けられない場合があります。

 

費用の目安は1回あたり12000円〜といったところです。
それを5回〜10回行うことで、見た目にも明るい肌になり、脇の黒ずみの改善に繋がります。

 

 

美容皮膚科で黒ずみを治すのをまとめると....。

美容皮膚科での治療は効果を実感できるまでの期間が短いのが魅力です。今すぐに脇の黒ずみをどうにかしたい!と考えるのであれば美容皮膚科はおすすめです。

 

しかし効果が早い分費用がかかるのも事実です。
早く効果を出したいのか、費用を抑えたいのかで、美容皮膚科を選ぶか否かを判断すると良いでしょう。

 

とりあえず自分で安く治したい!という人には、脇の黒ずみ解消クリームがおすすめですよ^^
わきの黒ずみ解消クリーム>