わきの黒ずみにハイドロキノン!効果と副作用とは?

わき黒ずみ ハイドロキノン

わきの黒ずみに悩んでいる方でしたら「ハイドロキノン」という成分を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

コンプレックスを持つくらいにわきの黒ずみに悩んでいる人なら、一度は試してみたいと考えるハイドロキノンは、その効果が高いことでも知られています。

 

しかし効果が高いものには副作用があるとも言われています。
ここではわきの黒ずみ対策にハイドロキノンを使う場合の注意点を見ていきましょう(*^^*)

 

 

わきの黒ずみに効果的なハイドロキノンとは

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果の高い成分として、美容業界では注目されている成分のひとつです。

 

わきの黒ずみだけでなく、乳首の黒ずみ、更にはデリケートゾーンの黒ずみまで効果ありと言われているほど効果が期待できる成分なのです。

 

ハイドロキノンはわきの黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニン色素を生成しているメラノサイトと呼ばれる細胞そのものを減少させる成分です。

 

美白成分として有名なものとして「ビタミンC」や「プラセンタ」が有名ですが、ハイドロキノンはそれらの美白成分の10倍〜100倍とも言われています。

 

ハイドロキノンは生成されてしまったメラニン色素の除去に効果があります。
これまでに刺激や摩擦で生成されてしまったメラニン色素をなかったことにしてくれます。

 

更にメラニン色素を生み出す大元であるメラノサイトの減少させる効果もあります。
これから作られるメラニンも大幅に減らすことができるので、わきの黒ずみには効果的なのです。

 

とても効果の高い成分なので、色素沈着が原因で起こるわきの黒ずみの予防と対策に非常に魅力的な成分といえますね。

 

 

ハイドロキノンの副作用

 

これだけ高い効果が謳われているハイドロキノンですが、実はいいことばかりではありません。

 

ハイドロキノンの効果だけを見ているとわきの黒ずみ対策としては非常に魅力的な成分のように思えてきます。
しかし本当にそうであれば、ハイドロキノンはもっと有名になっているはずです。

 

そうでないのは、ハイドロキノンにはその効果の高さゆえに副作用があるのです。
主な副作用を見ていきましょう。

 

ハイドロキノンの副作用として1番多く挙げられているのが肌荒れのリスクが非常に高いことです。
ハイドロキノンはその効果故に非常に刺激の強い成分です。

 

デリケートなわきの下に使えば仇荒れのリスクがグーンと上がってしまいます。
肌にピリピリとした痛みが出たり、炎症を起こして赤みが出てしまう可能性があります。

 

また、一時期テレビでも話題になりましたが、濃度の高いハイドロキノンを使い続けると白い斑点が出る可能性があります。

 

ハイドロキノンのメラノサイトを減少させる働きにより、部分的に皮膚の色がなくなり白斑を起こすリスクが高いのです。

 

更にメラニンを生成させないような成分であることはメリットでありデメリットになります。
元々、メラニンは紫外線から肌を守るために生成されるものです。

 

それが減少してしまうということは、紫外線を浴びてしまった時に、防御壁がないことになるので、シミやそばかすなどを引き起こす可能性が高くなります。

 

 

わきの黒ずみにハイドロキノン!効果と副作用とは?まとめ

 

ハイドロキノンはわきの黒ずみには非常に効果があるように見えますが、とても強い成分なので、肌に少なからず悪い影響を与えるものです。

 

素人が使うにはちょっと危険な感じがしますよね。
基本的に使用する場合は皮膚科のお医者様の支持を仰ぐのがおすすめです。

 

そしてワキの黒ずみは自分で治すことも可能ですよ^^
管理人おすすめわきの黒ずみ解消クリーム>