ケシミン(クリーム)ってわきの黒ずみに効くの?

ケシミン

 

CMでもよく見かける「ケシミン(クリーム)」は、顔のシミに直接作用してシミが消えると言われています。

 

シミの原因は紫外線や外部からの刺激によってできる、メラニンの生成による色素沈着によるものです。脇の黒ずみの原因にも同じ色素沈着があげられます。

 

ということは、同じ原因を持つ脇の黒ずみにもケシミンは有効なのでしょうか?
その秘密に迫っていきたいと思います(`・ω・´)

 

 

ケシミン(クリーム)の配合成分は?

ケシミン(クリーム)に配合されている成分の中で、脇の黒ずみに効果があるのは「ビタミンC誘導体」と「ビタミンE」です。ケシミンの成分表には「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」という名前で書かれていますが、これはビタミンC誘導体のことです。

 

ビタミンCは美白効果があることで、昔から肌に良いといわれています。しかし食べ物に入っているビタミンCは身体の中からメラニン色素を無色化する効果がありますが、肌に塗っても浸透することがなく、ほぼ効き目はありません。

 

そこでビタミンCを肌に浸透しやすく改良されたのが、ビタミンC誘導体です。肌に浸透しやすく、肌の奥でビタミンCを作りだす効果があるので、美白効果が期待できます。

 

ビタミンEも肌の活性化のために注目される成分です。ビタミンEは肌に浸透して血行を促進し、肌細胞の下の毛細血管を活性化させる効果があります。すみずみまで栄養素を行き渡らせ、新しい細胞を作ったりメラニン色素などの老廃物を排出させる作用もあります。

 

これによって古い角質を速やかに垢として排出できたり、作られてしまったメラニン色素を薄くしていくと言われています。

 

ビタミンC誘導体とビタミンEという2大有効成分がメラニン色素に作用して、肌のターンオーバーを活性化させてくれるので、シミや黒ずみにも効果的といえますね^^

 

ケシミン(クリーム)はいつ使うのが有効的か?

ケシミンはいつでも使用できますが、ファンデーションではないので塗ったから黒ずみが隠れるというものではありません。

 

ケシミンが最も効果を発揮しやすいのは「夜」です。特にゴールデンタイムと言われる午後10時〜午前2時に使用するのが効果的です。

 

一般的な美白系の化粧品も夜に使うのが効果的とされています。1番成長ホルモンの働きが活発になる時間帯に使うのが効果的です。成長ホルモンは、肌の傷んだ細胞を修復したり、作られたメラニン色素などの老廃物を流したりと大活躍してくれます。

 

美しい肌を作るためには無視できない時間帯で美白化粧品の効果が1番出やすい時間なのです。肌が自らの力で生まれ変わる時間に、ちょっとした手助けをするのがケシミンの効果かもしれません。

 

 

ケシミン(クリーム)で脇の黒ずみは治る?

気になるのはケシミンは脇の黒ずみに効果があるのか?ということですね。ケシミンの有効成分を見ていくとビタミンC誘導体やビタミンEが含まれたケシミンが効果的なのが分かります。

 

入浴後の清潔な状態の時に脇に塗ることで脇の黒ずみを改善できます。しかし有効なのはメラニン色素による脇の黒ずみのみです。

 

毛穴の詰まりや角質の蓄積による脇の黒ずみには、効果はありません。さらに即効性はありませんので、早くキレイにしたいという人にはおすすめできませんね。

 

ケシミン(クリーム)だけに頼るのではなく、食事や運動など生活習慣の見直しも同時に行うようにしましょう。ビタミンCの含まれた食事を心がけたり、脇をいつも清潔に保つことも重要です。摩擦も脇の黒ずみの原因になるので、摩擦の起きにくい服装や着るものの素材にも気を付けてみましょう。

 

ケシミン(クリーム)だけではなかなか効果が発揮されなくても、ケシミン+他の脇の黒ずみ対策を併用して行えば、より脇の黒ずみに改善が見られるはずです。

 

ケシミン(クリーム)だけでは脇の黒ずみには物足りないという場合は、脇専用のクリームやジェルを使うことも検討してみてくださいね。
脇の黒ずみ解消専用クリーム>

 

脇の黒ずみケアは継続することが大切です。
外側からも内側からもケアすることで、少しでも早く美肌を手に入れたいですね^^