クエン酸が黒ずみに効くという噂は本当?

レモンティー

 

脇の黒ずみが気になってしかたない!
どうにかして黒ずみを薄くする方法を知りたい!

 

女性特有の悩みの中には深刻なものが多いのも事実です。脇の黒ずみに悩んでいる女性なら、脇の黒ずみに効果がありそうならなんでも試したい!と思ってしまいますよね。

 

こんな噂を聞いたことはありませんか?「脇の黒ずみにクエン酸でピーリングするのが効果的!」。実際はどうなのでしょうか?その秘密に迫っていきたいと思います(`・ω・´)

 

 

クエン酸ってそもそもなぁに?

クエン酸とはレモンなどの柑橘系に含まれていて、疲労回復などの効果があることから「食べる」イメージを持つ人も少なくないでしょう。

 

実はクエン酸は肌の健康維持にも期待できる成分なんです。よくレモンの輪切りを顔にのせる「レモンパック」なんて、聞いたことありませんか。

 

オレンジやレモンなどの酸っぱい果物に含まれているクエン酸は、「AHA」というフルーツ酸の一種です。このフルーツ酸にはピーリング効果が期待できます。

 

肌に残っている古い角質を取り除いて、肌本来の新しい角質を取り戻す効果が期待できるのです。ということは、古く黒ずんだ脇の黒ずみにも解消効果が期待できますね^^

 

 

クエン酸で黒ずみを解消する方法

クエン酸で薄くすることができる黒ずみは、肌の新陳代謝が遅れてメラニンが色素沈着してできた脇の黒ずみです。毛穴の詰まりや、脱毛によるブツブツによる黒ずみには効果がありませんので、他の方法を活用してください。

 

それではクエン酸を使った脇の黒ずみを解消する方法に移っていきましょう。クエン酸でピーリングを行うには「クエン酸水」を作ることから始まります。

 

クエン酸はスーパーや薬局で手に入るので、それを水と混ぜるだけで簡単に作ることができます。クエン酸大さじ1に対して、水を90ml加えてよく混ぜましょう。出来上がったクエン酸水を入浴後の清潔な肌の時に黒ずみが気になる部分にまんべんなく塗ります。

 

クエン酸水は水状なので、コットンなどに含ませて脇に張り付けたり、挟んだりすると効果的です。そのまま5分間放置しましょう。5分経過したら、クエン酸を洗い流します。肌にクエン酸が残っていると肌への刺激になるので、しっかりと洗い流しましょう。

 

これでクエン酸水を使った脇の黒ずみのピーリングは完了です。5分で終わるなら手軽で取り入れやすいですよね^^

 

 

クエン酸を使用する場合の注意点

しかし、クエン酸水のピーリングには注意があります。まず、5分間のピーリングが終わったら、必ず脇の保湿を行ってください。保湿成分がしっかりと配合されたクリームやジェルで保湿ケアを行います。ピーリング後の肌はとても敏感になっていますので、乾燥しやすいです。

 

この保湿を怠ってしまうと、せっかくのピーリングも逆効果になり兼ねません。クエン酸水でのピーリング後のアフターケアには、脇専用の保湿クリームを使うのがおすすめです。保湿成分の他に美白成分であるビタミンCやビタミンEが配合されているとベターですね。

 

ピーリングには「剥がす」とか「削る」といった意味があります。それだけ、肌に負担がかかることになるので、適当なケアでは余計に脇に刺激を与えてしまいます。そしてピーリングは週に1回、多くても2回までにしておきましょう。

 

効果が出ると「毎日やって早くキレイにしたい」と思うかもしれませんが、それは危険です。何故なら、クエン酸は肌に刺激になる場合があるので、肌荒れや痛みを引き起こすことがあります。

 

また、敏感肌の人やピーリング後にピリピリと刺激を感じる場合は、それ以上続けるのをおすすめできません。クエン酸による脇の黒ずみ解消法は効果がありそうですが、ちょっと刺激が強いのが難点です。使用前には必ずパッチテストを行って、肌に異常がないか確認を行ってください。

 

また、埋没毛がある場合や、脇が凸凹で毛穴の詰まりによる黒ずみの場合は、クエン酸水のピーリングを行うことで症状がひどくなってしまうことがあります。自分の脇の状態をよく確認しながら、ピーリングを行うか否かを判断してみてくださいね^^

 

もっと安全に確実にわきの黒ずみを改善したいなら....。

クエン酸でのケアは肌への刺激も強くそれでいて効果をそこまで得られるかは微妙なところです^^;それであれば脇の黒ずみ解消クリームでケアしていくのが、安全で確実に改善できますよ^^
脇の黒ずみ解消クリーム>