妊娠中のわきの黒ずみの原因と予防策とは?

わき黒ずみ 妊娠中

 

妊娠中の女性の体には様々な変化が現れます。
妊娠中にわきの黒ずみが気になる、という人も多いでしょう。

 

これは妊婦さん特有の原因があるようです。
「もう一生元に戻らないかも」などと悩む前にまずは原因を知りましょう。

 

ここでは妊娠中のわきの黒ずみの原因と予防法について紹介しています。
一人で悩んでいる人は参考にしてみてくださいね(*^^*)

 

 

妊娠中はなぜ、わきが黒ずんでしまうのか?

 

妊娠した女性から発せられるわきの黒ずみのお悩み。
例外なくほとんどの人に起こることのようです。

 

妊娠中には仕方のないことと分かっていてもやはり早く直したい、本当に治るの?と不安になりますよね。

 

そもそも妊娠するとなぜ、わきが黒ずんでしまうのでしょうか。

 

妊娠をすると女性の体は妊娠を継続するためにホルモンバランスが変化していきます。

 

このホルモンバランスの変化に伴い、メラニン色素が増加すると皮膚の代謝が落ちることが分かっていて、これがわきの黒ずみのの原因と言われています。

 

妊娠を20週ころからエストロゲンとプロテスゲンというホルモンが増えます。
するとメラニン色素の色素細胞を刺激して肌の内部にメラニン色素が増加するのです。

 

わきは元々、メラニン色素が多い部分でもあります。
その結果、妊娠中のメラニン色素の増加で黒ずんでしまうことがあるのです。

 

また妊娠中はわき以外にも乳輪屋デリケートゾーンなどが黒ずみやすくなります。
誰にでも起こりうることなので、あまり悩みすぎるのはやめましょう。

 

 

妊娠中のわきの黒ずみのを予防する方法はある?

 

妊娠中にできてしまったわきの黒ずみは出産後に自然に治ります。
妊娠中の体の変化は一時的なものなのです。

 

産後、すぐというわけにはいきませんが、半年前後でわきの黒ずみはが薄くなったという声が多いですね。

 

妊娠中に乱れたホルモンバランスが産後、整ってくると肌の代謝も正常になり、段々キレイになると言われています。

 

それでも妊娠中に少しでもわきの黒ずみ対策をしておきたいと考えている人も多いと思います。

 

妊娠中にできるわきの黒ずみは対策で最も大切なのは、なるべく刺激を与えないようにしてわきの保湿を欠かさないことです。

 

メラニン色素は小さな刺激にも反応します。
さらに乾燥した皮膚は黒ずみが悪化してしまいます。

 

ですから、妊娠中にはいつも以上に保湿クリーム等で、わきの保湿を心がけましょう。

 

これで産後のわきの黒ずみが早く消えたという意見も多いんですよ。

 

 

妊娠中のわきの黒ずみの原因と予防策とは?まとめ

 

妊娠中の女性の体はとてもデリケートです。
わきの黒ずみは気になりますが、あくまで一時的なものだと覚えておきましょう。

 

出産が終わればわきの黒ずみは薄くなるので、焦らずにまずはわきの黒ずみ解消クリーム等で保湿してあげることをおすすめします(*^^*)
管理人おすすめワキの黒ずみ解消クリーム>