産後の脇の黒ずみが治らない!どうしたらいいの!?

脇 黒ずみ

 

妊娠中に黒ずんでしまった脇の下。
産後には消えるというから安心していたけれど、産後なのになかなか消えない!

 

そんな風に悩んでいませんか?
実際に妊娠中に黒ずんでしまった肌がなかなか元に戻らないという意見は多いのです。

 

こんなお悩みが寄せられています。

出産して数カ月がたちました。
妊娠6カ月に入る頃、いつのまにか脇の下が真っ黒に黒ずんでしまいました。

 

私の姉も妊娠中に同じような経験があり、産後には消えていくよといってくれましたが、なかなか消えず、薄くもなっていないようです。なにか塗ってケアしようかと思うものの、敏感肌なので迷っています。これから少しずつ消えていくのでしょうか?

 

 

経験者が「大丈夫だよ」と言っていたから安心していたのに、自分は黒ずみが消えないという切実なお悩みですね。周りの人は産後に黒ずみが薄くなったのに、何故、治らない人がいるのでしょうか?それは妊娠中の脇の黒ずみの原因が大きく関わっています。

 

 

産後の脇の黒ずみの原因とは?

妊娠中の脇の黒ずみは増加する女性ホルモンの影響が大きく、ホルモンバランスが崩れている状態です。しかし産後は徐々にホルモンバランスも正常に戻っていくので、薄くなっていきます。しかしこれには「個人差」があるのです。

 

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が盛んになることで、メラニン色素を刺激して増殖し、脇の黒ずみに繋がるわけですが…この分泌量に個人差があります。

 

そしてホルモンバランスが正常に戻るまでの期間も個人差があるのです。早い人は産後半年〜1年ほどで元の状態に戻りますが、遅い人では2年もかかる場合があります。

 

 

産後の脇の黒ずみを解消する方法

気長に待っていれば元に戻らないということはないので、脇の黒ずみは徐々に薄くなっていくでしょう。しかし、脇の黒ずみは薄着になれば人目につく部分なので気になりますよね。

 

気長になんか待ってられない!という場合には日頃から気を付けることで、脇の黒ずみ解消を早めることができますよ。まず皮膚の新陳代謝を高めることが大切です。

 

脇の黒ずみは新しい肌が生まれ変わる度に少しずつ薄くなっていきます。肌の生まれ変わりを「ターンオーバー」といいますが、新陳代謝を活性化させることで
ターンオーバーも正常に働きます。

 

新陳代謝を高める栄養素とは?
ビタミンC

そんな肌の生まれ変わりを助けてくれる成分が「ビタミンC」です。脇の黒ずみを薄くしたいのであればビタミンCたっぷりの食事を心がけましょう。ビタミンCには美白効果があるので、脇の黒ずみにも効果があります。

 

ビタミンE

もうひとつ取り入れてほしいのが「ビタミンE]です。
ビタミンEはアンチエイジング効果のある抗酸化作用や、血行促進して肌の新陳代謝を高める効果があります。ビタミンCと一緒に摂取すればパワーも倍増します。

 

しかもビタミンEは食べ物から簡単に摂取することができるのが嬉しいところです。かぼちゃ・モロヘイヤ・ほうれん草・さつまいもなど身近な野菜に多く含まれています。ビタミンEが多く含まれる食材を毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

 

 

睡眠・ストレス・脱毛はNG!

更に睡眠不足は脇の黒ずみを悪化させる原因になります。

 

ストレスのない状態でたっぷりと睡眠を摂ることでホルモンバランスを正常に働かせることができます。産後は赤ちゃんの世話で大変だと思いますが、半年もすれば落ち着くはずです。

 

ストレスに負けない為にも、しっかりと睡眠時間を確保することも重要なのです。そして脇の下に強い刺激を与えるのもタブーです。

 

脱毛処理を過剰にしてしまったり、脇に摩擦が発生しそうな服を好んで着るのは避けましょう。脇を乾燥させると黒ずみに繋がりますので、入浴後の清潔な肌の状態の時に脇の保湿も忘れずに。

 

 

保湿もとっても大事!

保湿をすることで服などと擦れて起きる摩擦を軽減することができます。どうしても気になって仕方ない場合は、脇の黒ずみ専用のクリームを取り入れるのもおすすめです。

 

ビタミンC配合のクリームなら、更にその効果を実感できるでしょう。敏感肌でも優しい成分を配合してクリームもあるので、成分を比較しながらお肌に合いそうなものをチョイスすれば問題ないでしょう。

 

わきの黒ずみ解消クリーム>
このクリームは、管理人も使って解消したのでおすすめです^^

 

脇の黒ずみをあまり気にしすぎると、それがストレスになる場合もあります。産後の脇の黒ずみは徐々に消えていくものなので、焦らず適度にケアしていきましょう。