わきの黒ずみは石鹸で治るってホント?

石鹸

 

わきの黒ずみ解消用に様々な石鹸が販売されています。石鹸の泡で黒ずみ部分をパックする感じで脇の黒ずみをキレイにしていく仕組みです。

 

果たして石鹸で脇の黒ずみは解消されるのでしょうか?

 

石鹸で脇の黒ずみが治ると言われている真実と、石鹸の役割などを織り交ぜて石鹸で脇の黒ずみがキレイになるのかを調査してみました。
気になる人は要チェックですよ(*^^*)

 

 

石鹸で黒ずみは治らない?

 

ネット上では脇の黒ずみ用に様々な石鹸が紹介されていますがその効果は実際のところ3割くらいが本当、といったところです。では石鹸では脇はキレイにならないのか、と聞かれるとそれは黒ずみの種類によるという回答になります。

 

実はワキの黒ずみには大きく分けて2種類の原因が存在します。

@古い角質や皮脂が原因となって毛穴を詰まらせた結果、詰まった毛穴が酸化して黒ずんでいる状態
A摩擦や刺激などが原因でメラニン色素が沈着して、皮膚自体が黒く変色している状態

疑問のある女のコ

 

同じ黒ずみでも@とAでは状態も治し方も全く異なるのです。
石鹸で改善が見込めるのは@の毛穴の詰まりによる黒ずみです。

 

ワキの毛穴に皮脂や角質が詰まってしまった場合、毛穴を開いてキレイにすれば良いのです。ホットタオルをあてたり、お湯に浸かったりして毛穴を広げてから、石鹸を良く泡立てて洗っていけば、徐々に脇の毛穴汚れが落ちていきます。

 

またピーリングやオイルマッサージをしてから石鹸で洗えば、もっと効果的に脇の黒ずみを目立たなくすることが可能です。

 

しかし、実際にわきの黒ずみに悩んでいる多くの人はAのパターンである、皮膚の色素沈着によって起こる黒ずみに悩んでいることが多いのです。

 

 

色素沈着は何故石鹸では治るのか?

メラニン色素が肌に沈着して起きる色素沈着が原因の場合は、皮膚深部にあるメラノサイトという細胞がメラニンを作り続けた結果、皮膚の一部分が黒ずんでいる状態です。

 

わきの黒ずみを治したいのであれば、肌の生まれ変わりを促進して肌からメラニンを剥がし落とすのが1番です。

 

要するにターンオーバーを活性化させることでメラニンを排除することができます。
または根本的な原因となるメラノサイトの動きを弱める方法もあります。

 

これらの効果は一般的に美白化粧品などに含まれる「美白成分」が持っているものです。
石鹸には肌のターンオーバーを活性化させるような成分は含まれていません。

 

結果、石鹸では色素沈着が原因の脇の黒ずみを解消することができません^^;

 

 

石鹸にできることとは?

石鹸にできることは「最低限の皮脂汚れや角質を落とす」ということです。
これはわきの黒ずみに全く関係ないわけではありません。

 

ワキの下は汗をかきやすい場所でもあるので、皮脂汚れが溜まりやすい場所でもあります。それをそのままにしておいたら、もちろん脇の黒ずみは悪化してしまいます。
そこでわきをキレイに洗うための石鹸が必要になりますが、脇の黒ずみ対策でしたら「過度な負担を与えない石鹸」を選ぶことも大切です。

 

効果がありそうだからと、洗浄力の高い石鹸を使ってしまうと肌に刺激がかかりやすく、ダメージが残りやすくなってしまいます。脇におすすめは「無添加石鹸」を使い、洗う際も良く泡立てて刺激を最低限に抑えるようにしましょう。

 

石鹸はあくまで脇の下の皮脂汚れや毛穴の汚れをキレイにすることが主な役割になります。
それ以上の色素沈着からくる脇の黒ずみを解消したいのであれば、美白成分の含まれた脇の黒ずみ解消クリームを使うなど、方法を変える必要がありそうです^^
脇の黒ずみ解消専用クリーム>