脇の黒ずみが解消する栄養素や食事とは?

脇 黒ずみ

脇の黒ずみの症状は、すべての人に平等に起こるわけではありません。
やはり個人差があり、複数の原因や症状が組み合わさっていることも多いです。

 

クリームや化粧品を使って身体の外側から対処していくのも効果はありますが
普段食べるものを見直して、身体の内側から見直していくことも重要です。

 

あなたの脇の黒ずみも、もしかすると毎日食べている食べ物が大きく関わっている可能性があります。では脇の黒ずみに効果のある栄養素や食べ物を見ていきましょう。

 

 

タンパク質

 

タンパク質といえば肉類を想像する人が多く、「ダイエットの敵」として食べるのを控える人もいますよね。

 

しかしタンパク質は肌を作るための直接的な要素となります。
取り過ぎは良くありませんが、バランスよく摂取していきたい栄養素です。

 

タンパク質には筋肉、骨、髪などを作る物質なので、必然的に肌も作っていることになります。
健康的な肌の生成には欠かせない栄養素なのです。

 

タンパク質の不足は肌の生まれ変わりとなるターンオーバーを乱してしまいます。
肉類から摂ろうとすると抵抗があるのであれば、大豆や魚から摂取するのがおすすめです。

 

納豆や豆腐を始めとする大豆製品からタンパク質を摂取してみましょう。

 

 

ビタミンA

 

ビタミンAも肌の生成に関わりのある栄養素です
皮膚には様々な働きがありますが、その働きを正常に保つために一役買っているのがビタミンAです。

 

とくに肌を正常な状態に保ち、潤いを持たせる効果があります。
脇の黒ずみの原因にも「乾燥」で黒ずんでしまうことがあるので、ビタミンAで潤いを補給しましょう。

 

脇のような普段見えない部分も乾燥して潤いを欲している場合があります。
ビタミンAはレバー、ほうれん草、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜に豊富です。

 

毎日の食事の中に意識的に加えていって、上手に食べていきましょう。

 

 

ビタミンB2/ビタミンB6

 

ビタミンB群はダイエットの味方にもなる栄養素です。
ビタミンB群の主な役割は、ご飯やパン、砂糖などの糖質の分解を助ける働きがあります。

 

身体の代謝をアップさせてくれるので、不要なものを体外に排除してくれるというメリットもあります。
ビタミンB群が不足することで、貧血や口内炎など身体に不調をきたします。

 

代謝を助けるビタミンB群はもちろん肌にも大きな影響を与えます。
肌のターンオーバーを活性化させて、正常に行うためには不可欠なのです。

 

ビタミンB群は卵、牛乳、ニンニク、ウナギ、青背の魚などに多く含まれています。
サプリメントで摂取するのもおすすめです。

 

 

ビタミンC

 

美肌になりたい、美白したいなど、美容の世界ではよく耳にするのがビタミンCです。
ビタミンCを摂取しているとキレイになれるイメージがありますよね。

 

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進するという、非常に重要な役目があります。
皮膚や粘膜を強くする働きもあるので、健康的な肌を作り、古い細胞をなくしていくには欠かせないのです。

 

抗酸化作用もあるので、肌荒れを予防する効果も期待できます。
いまや一般常識ともいえるようなビタミンCの効果は脇の黒ずみにも効果があるとされています。

 

ビタミンCは緑黄色野菜、キウイ、イチゴ、レモンなどのフルーツに多く含まれています。
すぐに水に溶けて排出されてしまうので、定期的に摂取するようにしましょう。

 

 

ミネラル

 

ミネラルと聞いても直接肌に関係があるのか、ピンとこない人も多いでしょう。
しかし実際は皮膚の炎症を抑える働きがあるので、とても大切な成分なのです。

 

ミネラルに代表される亜鉛が不足すると湿疹や皮膚炎を引き起こしやすくなります。
また、乾燥肌を助長しやすくなるので、薄くて弱い脇の下の皮膚がさらにダメージを受けることになります。

 

見た目にもキレイではないですし、肌のさわり心地もザラザラになってしまう可能性があります。
肌の新陳代謝を保つためにも、積極的に摂取するようにしましょう。

 

ミネラルは海藻類や牛肉などに豊富で、亜鉛は牛乳やチーズなどの乳製品に含まれています。
肌荒れが目立ってきたら、まずはミネラルが不足していないか食生活を見直してみましょう。