Tシャツから見える脇の黒ずみの予防法と黄ばみの秘密

脇 黒ずみ

夏になると暑さに負けてどんどん薄着になりますが、その中でも重宝しているのが「Tシャツ」ですが、Tシャツはちょっと腕を上げるだけで、普段は見えない脇の下が見えてしまいます。黒ずんだ脇が見えるのは、とても嫌なものですよね。

 

しかもTシャツの色も重要で、白やうすピンクなど脇の黒ずみが目立ちそうなものは着れずいつも黒やグレーなど暗い色になっていませんか。

 

脇の黒ずみが気になる人にとって、夏の服装は不安要素ばかり。
もしかして脇の黒ずみが白いTシャツに染みてしまうのでは?と考える人も多いでしょう。

 

ここでは脇の黒ずみの予防法や、Tシャツが黄ばんでしまう秘密やわきの黒ずみ改善にTシャツがいい理由に迫っていきたいと思います(`・ω・´)

 

 

Tシャツの脇部分が黒ずむことはない。

実際に脇の黒ずみがTシャツまで黒くすることはありません。
しかし、よく見ると白いTシャツやYシャツで脇が黄ばんでいる人は見かけますよね。

 

これは脇の黒ずみがダイレクトにうつってしまったわけではないですが、脇の汗や脇にある古い角質が原因になっています。

 

これは脇の黒ずみの原因にもつながるので、Tシャツの脇が黄ばんでしまう人は黒ずみにもなりやすいということです。しかし全員がそうという訳ではないので、一概に脇汗を気にする必要はありませんよ。

 

Tシャツを着る季節になると、必然的に脇の脱毛処理を行うと思います。
この脇のムダ毛処理をすることで、脇の黒ずみを防ぐことができます。

 

しかし中にはどこかの噂で「脇を脱毛すると脇汗が増える」なんて聞いて心配している人はいませんか。脇を脱毛したからと言って、脇汗をかく量は以前と変わりません。

 

脇の脱毛処理をしたからと言って、脇汗が増えるという事実はないので安心してくださいね。脇の黒ずみの原因は脇汗だけではありません。

 

 

摩擦は脇の黒ずみの天敵!Tシャツは予防に最適

人は入浴以外では服を着ています。
服を着ている限り、服と肌が触れることで摩擦が起こり、その刺激でメラニンが生成されて脇の黒ずみを起こす原因になります。

 

服を着ないわけにはいきませんから、できるだけ摩擦の少ない服を選ぶようにするというのが良いですね。摩擦が起きにくい服の中でもっとも効率が良いのが「Tシャツ」です。

 

Tシャツは綿素材で吸汗性もよく、生地もやわらかいのでおすすめです。素材によっては摩擦を引き起こす可能性はありますが、ほとんどのTシャツは生地が柔らかく汗をよく吸い取ります。

 

更にTシャツを着つつ脇の黒ずみを予防したいのであれば、日頃から汗をかいたら拭き取ることを頭に入れておくと良いです。

 

 

脇を清潔に保つなら、TシャツがGOODな理由

汗をかくのを抑制するデオドラントスプレーを使う人が多いですが、使いすぎると逆に角質が溜まりやすくなり、脇の黒ずみを悪化させてしまいます。

 

それよりも、脇に汗をかいたらこまめに拭く習慣をつけましょう。Tシャツならすぐに脇の下にタオルを入れて拭くことができるので、ちょうど良いですね。

 

脇の脱毛とTシャツを上手に利用することで、脇の黒ずみ対策になります。それでも猛暑日が続くと、汗の量も尋常じゃなくなりますよね。

 

いくらTシャツを着て風通しを良くしていても、汗を拭いても次から次へと汗が噴き出ることもあります。するとTシャツの脇が黄ばんだり、皮脂汚れから黒ずんでしまうことになります。

 

それを押さえるには、やはり清潔にしておくことが大切です。脇の下を毎日キレイに洗ったり、入浴後は保湿をして乾燥させないようにするのはもちろんのこと着ていたTシャツもこまめに洗濯しましょう。その時に脇の黄ばみが気になるようであれば、漂白剤を使ったり、浸け置き洗いをするなど念入りに洗濯してあげることで黄ばみや黒ずみを防ぐことができます。

 

汗をかいた服を何度も着まわしていると、汗シミの部分に細菌が発生しより黒ずみを悪化させてしまいます。汗をかいた衣服はなるべくその日のうちに洗濯して、いつでも清潔にしておきましょう。今はさらに吸汗性を良くして汗をかいてもサラサラにしてくれる洗剤もありますから、是非利用しましょう。

 

脇汗や脇の黒ずみにはTシャツは強い味方になってくれます。
脇の脱毛と脇を清潔に保つことなど、上手に組み合わせて脇の黒ずみを予防していきましょうね^^

 

できてしまったわきの黒ずみには、専用クリームが効果的です♪
わきの黒ずみ対策クリーム>