わきの黒ずみに豆乳ローションが効く?!ケアの方法とその結果

わき黒ずみ 豆乳ローション

女性の美容に効果てきめんといわれる豆乳を使った豆乳ローションは、ムダ毛を抑制する効果があると言われています。

 

そんな噂を聞きつけて実際に試している人も多いのではないでしょうか。
しかし、豆乳ローションはそれだけではないのです。

 

実はわきの黒ずみにも効果があると言われています。
ここでは豆乳ローションを使ったわきの黒ずみを取る方法をご紹介します(*^^*)

 

 

豆乳ローションでわきの黒ずみを撃退する方法

 

わきは女性にとってとてもデリケートなゾーンです。
それなのに黒くて太い毛が生えるという、なんとも嫌な場所ですね。

 

一般的に毛抜きで抜く、カミソリで剃る、徐毛クリームを使うなどの方法で
自己処理している人が多いように思います。

 

しかしそれらによる摩擦で肌を刺激することで色素沈着が起こり、黒ずんでしまったという人も多いでしょう。

 

そこで登場するのが豆乳ローションです。
豆乳ローションを使ったわきの黒ずみ対策方法は以下の通りです。

 

入浴後の清潔な肌の状態の時に使用します。
適量の豆乳ローションを優しくわきの下に馴染ませます。

 

気になる部分にはコットンに豆乳ローションを染み込ませてわきにペタッと貼り、数分間待ちましょう。

 

身体にボディクリームを塗る要領で簡単にケアできるので、手軽で良いと好評です。

 

これにより大豆に含まれる「大豆イソフラボン」の働きで、ターンオーバーを正常にしたり毛穴を引き締める効果があるのです。

 

 

豆乳ローションには即効性がない

 

豆乳ローションは今気になるわきの黒ずみに塗っても即効性はありません。
夜、豆乳ローションを塗って、朝になったら黒ずみが薄くなってる!なんてことはあり得ないのです。

 

豆乳ローションは元々、抑毛効果があるとされているものです。
そしてわきの黒ずみの主な原因はムダ毛処理によるものです。

 

豆乳ローションを塗ることによって抑毛効果が効いてムダ毛処理の回数が減ります。

 

すると今までよりもわきが摩擦や刺激を受けることが減るので、わきの黒ずみも出来にくくなっていくという仕組みです。

 

最低でも3ヶ月、または半年ほど続けなければ、「わきの黒ずみが薄くなった」という実感は持てないでしょう。

 

長い目で見てわきの黒ずみを徐々に決して行くという人には良いですが、すぐにわきの黒ずみを消したい!と考える人向きではないですね。

 

肌への負担は少ないので敏感肌の人にも使えるのは良いところです。

 

 

わきの黒ずみを豆乳ローションでケアの方法と結果は?まとめ

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすると言われています。
女性にとって女性ホルモンを与えることは、より女性らしい身体へ導くということです。

 

ふっくらした肌へ導いてくれる豆乳ローションは、気長にコツコツと続けることでわきの黒ずみに効果を発揮するようですね!

 

即効性を求めるなら、わきの黒ずみ専用のクリームがおすすめです^^
管理人おすすめワキの黒ずみ解消クリーム>