わきの黒ずみにビタミンCってどう効くの?

イチゴ

 

化粧品にも多く配合されていることが多いビタミンC。
古くから肌に良いとされているビタミンCですが、脇の黒ずみにも効果があります。

 

ビタミンCによる肌への効果やビタミンCの摂取方法など、ビタミンCにまつわるアレコレを見ていきましょう^^

 

 

なぜビタミンCは黒ずみに良いといわれるの?

紫外線による色素沈着には「ビタミンCが良い」と言われていますね。
色素沈着の根本的な原因であるメラニン色素は「チロシン」と呼ばれる物質から、酵素のチロシナーゼの働きでドーパに変わります。

 

そしてドーパキノン→ドーパクロム→インドールキシン→メラニンという順番で変化していきます。ビタミンCは酵素のチロシナーゼの働きを抑えることができるのです。

 

その結果、メラニンを肌の内部で作らせないようにブロックしてくれるということになります。だからこそ、ビタミンCは色素沈着に効果的だと考えられているのです。

 

実際に美白ケアができる化粧品にはビタミンCが含まれていることが多いですね。の黒ずみにも色素沈着が原因となる場合が多数あります。

 

こうして見ていくと、脇の黒ずみもビタミンCによって解消できると考えられます。ビタミンCは肌をキレイに美しくさせるビタミンの代表格であり、コラーゲンの生成量も増えるのでプルプルの肌を維持できるのです。

 

 

ワキの黒ずみに対するビタミンCの効果

ビタミンCが肌に良いことは分かりました。
ではもっと具体的に脇の黒ずみにどんな効果があるのか、見ていきましょう。

 

黒ずみの元となる炎症を抑える

脇の黒ずみは服による摩擦や跳ね返りの紫外線による日焼け。そして脇のムダ毛処理による大きな負担によって起こることが分かっています。

 

ビタミンCには色素沈着を作る元となるメラニンの生成を抑える働きがあります。すでに出来てしまっている色素沈着は肌表面が炎症を起こしている状態です。

 

その場合は肌の生まれ変わりを促して、新しいキレイな肌にしてあげるのが良いでしょう。ビタミンCで肌表面のダメージをケアすることで、ターンオーバーも改善されます。

 

ターンオーバーが改善されれば、定着してしまったメラニン色素の排出をスムーズにして脇の黒ずみを薄くすることが可能なのです。

 

メラニンを作る元から抑える

肌にとってのビタミンCの大きな役割は美白効果があることです。メラニンを作る元である酵素のチロシナーゼが働くことで黒ずみを作りだします。

 

ビタミンCにはこのチロシナーゼの働きを抑えてメラニンの生成自体を防ぐ効果があります。色素沈着を起こしている箇所は、常にメラニンが肌表面に分泌され続けています。

 

ビタミンCの効果により、分泌されるメラニンを元から抑えることで、少しずつ脇の黒ずみを薄くしていくことが可能になるのです。

 

 

ビタミンCを摂取する際に気を付けること

これだけ肌や黒ずみに効果的なビタミンCですが、気を付けてほしいこともあります。それは「ビタミンCを直接、肌につけても効果はない」ということです。ビタミンCの代表でもあるレモンの輪切りを脇に貼ってパックしても効果はありません。ビタミンCの原液をコットンにつけて脇に貼っても、もちろん効果はありません。

 

何故なら、ビタミンCを直接肌に塗っても、その効果は浸透されないからです。では食べ物から摂取すればいいのか、というとこれも完ぺきではありません食べ物から摂取したビタミンCは必要な分だけ身体に吸収されます。

 

多く摂り過ぎても特に副作用はないので問題ないのですが、過剰摂取した分は水に溶けて、すぐに排出してしまいます。ビタミンCは水に溶けやすいので、ずっと身体にとどまっていることができません。たくさんビタミンCを摂取したから、その分の効果が表れるのではなく、常に排出されています。

 

ですからビタミンCはこまめに摂取する必要があります。そう考えると、おすすめしたいのは「ビタミンC誘導体」として配合されている化粧品を使用することです。化粧水や美容液に配合されているのが「リン酸型ビタミンC」や「アスコルビン酸グルコシド」であれば、これらはビタミンC誘導体の一種です。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCの成分を肌に浸透させやすいように改良されたビタミンCです。脇専用クリームを使用する際も、このビタミンC誘導体が含まれたものを使うと効果的と言えますね^^
ビタミンC配合のわき黒ずみ解消クリーム>