ヨーグルトに含まれる成分と黒ずみの関係とは?

ヨーグルト

 

真っ白なヨーグルトの中には、便秘解消に適した乳酸菌や肌荒れに予防に効くビタミンC、健康を促すミネラルなど多くの栄養素が含まれています。

 

ダイエット食品としてメディアで取り上げられることも多いですよね。しかしヨーグルトを食べただけで脇の黒ずみが解消された、なんて話は聞いたことがありません。

 

ヨーグルトで脇の黒ずみを解消できるという噂はデマなのか?果たして本当なのか?詳しく調べていきたいと思います(`・ω・´)

 

 

ヨーグルトの効果とは?

脇の黒ずみに効果的なヨーグルトの使い方とは、そのまま食べるのではなく美白パックとして使うのです。

 

パックと言ってもヨーグルトをそのまま使用するのではなく、ヨーグルトから抽出される水分を活用します。ヨーグルトのパックを開けた時にうっすらと透明な白い液体が溜まっているのをご存知ですか?これは栄養のかたまりとも言われている「ホエー」と呼ばれるものです。

 

あまり美味しくないですし気持ち悪いので、捨ててしまう人も多いとは思いますが、良質なたんぱく質でありながら低脂肪なのが特徴です。美容効果だけでなくホエーには鎮痛作用や鎮静作用も含まれていて、ストレスの緩和、睡眠の誘発などリラックスを得られる効果も囁かれています。

 

ビタミン、タンパク質、ミネラルなど女性には嬉しい成分が含まれたホエーを使うことで、美白効果や保湿効果が得られるので脇の黒ずみ対策にピッタリといえます。

 

 

ヨーグルトを使った黒ずみ解消法

では、ホエーを使った脇の黒ずみを解消する方法を見ていきましょう。まずはホエーの抽出から始めます。使うヨーグルトは砂糖や添加物を使っていないものが良いです。脇の皮膚は刺激に弱くデリケートなので、刺激になりそうな成分は避ける必要があるからです。

 

コーヒーフィルタやキッチンペーパーに適量のヨーグルトを入れて濾しましょう。すると白っぽい液体が抽出できると思うので、これがアミノ酸のグルタチオンを増加させるホエーです。使ったヨーグルトは「水切りヨーグルト」としていつも通りに食べられるので、そのまま食べて体内環境を整えておきましょう。

 

抽出したホエーを清潔なコットンに含ませて、脇の下にペタッと貼ってみましょう。コットンを貼った上から更にラップをすると浸透力がアップして黒ずみ解消効果が高まります。

 

コットンがない場合は小麦粉と混ぜて垂れ落ちないように工夫をして、パックをすることもできますよ。パック時間は最高でも10分にしておきましょう。コットンをはがしたら、よく洗い流します。ホエーパックの後はもちろん保湿が大切です。

 

肌に刺激のないクリームなどで、しっかりと保湿をするのがポイントです。これでヨーグルトのホエーを使った脇のパックは完了です。

 

 

ヨーグルトを使用する場合の注意点

ヨーグルトのホエーを使ったパック、ちょっとやってみたくありませんか?しかしどんなに安全な素材でも注意事項があるので、頭に入れておきましょう。ヨーグルトは当たり前に食べられているものなので安全そうに感じますが、肌に直接つけるとなると、人によって反応は異なります。

 

ホエーパックをする前に、必ずパッチテストを行ってくださいね。また、ヨーグルトのホエーパックには防腐剤などは含まれていません。そうなると衛生面での管理が重要になります。ホエーを抽出するフィルターや抽出したものを入れる容器など、清潔なものを使用しましょう。

 

黒ずみを治すどころか、逆に肌トラブルを引き起こしては元も子もありません。更にヨーグルトには多少のピーリング作用があります。それはヨーグルトから抽出したホエーも同じです。ですからホエーパックを毎日行うのはおすすめできません。ピーリングによる肌への刺激で肌は乾燥しやすくなります。脇の黒ずみは乾燥が原因で起こる場合もあるので、やりすぎは禁物です。

 

毎日やりたくなる気持ちは分かりますが、3日に1回程度に抑えておきましょう。ヨーグルトを使った脇の黒ずみ対策は、あくまで民間療法のひとつです。

 

効果が出るまでに時間がかかることもありますし、思わしい結果が出ないこともあります。脇の黒ずみに悩んでいる人にとって、試してほしい方法のひとつとして活用し、肌に異常が現れた場合はすぐに利用をやめるようにしましょう。

 

きちんとワキの黒ずみを治したいのであれば、やはりワキの黒ずみ専用クリームが効果的でしょう^^
脇の黒ずみ解消専用クリーム>